日々の医療に対する疑問や外来で喋りきれないことを中心に綴っています。
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 院長先生のつぶやき

院長先生のつぶやき

噛み合わせ

長いお付き合いの患者さん。いつも元気で、明るくて、小豆キャラメルをくださる70代後半の患者さん。 膝と指の関節が痛くて、湿布したり、ひどいと注射したり… 胸が苦しい事もあったり、すっかりやる気を失ってしまったりと長いお付 …

骨が腐る?

膝の痛みで、軟骨がすり減るために関節炎になってしまうものを 変形性関節症といいます。 主に初老以降?が多く、膝の場合は遺伝もあります。 変形性膝関節症の治療は、外用剤、温熱療法、ヒアルロン酸の注射などがあり、最終的に運動 …

君の病院はどこを目指しているの?

昨日、古い友人との会食の席で、 『君の病院はどこを目指しているの?』 と聞かれた。 はじめは質問の意味がわからなかったのですが、話して行くうちに…… 院長として、そういう風に今まで考えたことはなかったのですが、医療従事者 …

年をとると寝られなくなる?

日々の外来業務でよく、お年寄りが寝られない…と悩んでいるのを耳にします。 睡眠は身体にとって、大切な時間です。 整形外科的治療をする上で、最低六時間睡眠をとって頂かないと、効果のある治療も効果発揮しない…と言う先生もいら …

ナットウキナーゼ

先日、クリニックにトプラス ケミカル シーズという会社の方がサプリメントの宣伝にいらっしゃいました。 私はあまりサプリメントを勧めたりはしない方で、あまり興味もなく、何故うちに来たのかが不思議なくらい… よく聞いてみると …

五十肩って?

四十肩、五十肩ってなに? 画像所見に乏しく、臨床所見に乏しく、しかしながら痛い…肩…。 先日参加した勉強会で、ある先生がおっしゃるには、 昔は平均寿命が50歳位で、50歳を超えて生きている人は長寿とされたので、肩も痛くな …

整形外科も超音波

以前、大学病院で働いていた時は、超音波の素晴らしくお上手な先生の外来にくっついて、勉強させて頂きました。 何年前でしょう… 最近、やっと整形外科外来で気軽に超音波を当てて、診断をつけようじゃないか!という流れになってきま …

鼻づまり

私は長年花粉症に悩まされてています。 アレルギー症状の身体のだるさや痒み、頭痛も嫌いですが、 私は極度の『鼻づまり』嫌いです。 鼻がつまると、息は苦しいし、集中出来なくなり、耳も閉じてしまうし… なんで鼻はつまるの? 鼻 …

傷の治療

私が医者になりたての時は、傷は毎日消毒、ガーゼ交換は必須! 大学で朝から手術の時は、病棟に朝七時から行って入院患者さんの消毒をして回っていました。 それが今は、無駄な消毒はしないで洗い、傷は湿潤状態を保つ! という方法が …

椎間板ヘルニアとレントゲン

レントゲンを診ていると、 「ぼくヘルニアですか?」 と質問をされることがあります。お医者さんの中にも レントゲン写真だけでそのように判断される方も少なからずいます。 いわゆるヘルニアとは、物があるべき部分から脱出している …

Page 51 / 54«505152»
  • facebook
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.