日々の医療に対する疑問や外来で喋りきれないことを中心に綴っています。
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 院長先生のつぶやき

院長先生のつぶやき

あざも移動します

打撲して、あざができる…時間がたつとあざが打った場所でないところに移動した、なんてご経験ありませんか? あざは皮下の内出血で、出来たすぐ後からマクロファージという貪食細胞が、あざを食べて大掃除してくれます。 血は鉄分を含 …

暇なので…

こんなお天気で今は暇… という事で、職員紹介!! 右下…トレーナー芹沢君。優しくて患者さんから人気者 下真ん中…看護師、白川さん。どんな血管でも針をさせます!私の天然ボケを カバーしてくれる! 左下…トレーナー矢崎さん。 …

雪の日の骨折

今朝は雪…子供達の学校も10時登校という、働いてる母には辛い措置… こんな天気の日は転倒による骨折が増えてしまいます。雪の当日より翌日の凍った道路での転倒が注意です。手首の骨折が圧倒的に多く、お尻の骨折、足首の骨折も見ら …

医者の病院の外での仕事

昨夜は杉並区医師会の組の新年会でした。なかなかゆっくりお会いできないいつもお世話になっている先生方と、お会いできる場所です。 私はまだまだ、子育て中なので、医師会の仕事は免除していただいてる事が多いのですが、医師会のお仕 …

運動特性と予防

前回のブログの続きですが、成長期の子供の怪我や疾患は、やっているスポーツによって違ってきます。これは当たり前の事ですが、なかなか実はわかりづらい!スポーツドクターの勉強会で整形外科疾患に対する話はしょっちゅう聞いています …

ママは子供のトレーナー

『ママは子供のトレーナープロジェクト』 これは、以前から外来で運動を頑張っている子のまま達にお願いしている事です。成長期の我が子の身体のケア、運動特性による怪我予防、怪我後の筋肉のケア、ナドナド家庭や本人がすべき事は沢山 …

急激な肩の痛み

昨日の友人からの電話。 夜中に寝返りで肩を脱臼し、激痛があって肩が動かない!! との事。 この、フレーズを聞いただけで、まず浮かんでくる病名は 『石灰沈着性肩関節周囲炎』 です。肩関節に石灰が沈着し、急激な炎症が起き、激 …

スポーツ医学講座

医業に携わる者は一生勉強!これは義務でもあり、仕事をしていると必然でもあります。大学にいると、道に乗っかって、大学院に入学したりして自分の専門分野の勉強・研究をし、先輩方の指導のもと、博士論文を書くことが出来ます。 私は …

首の痛みは腰を鍛える!

私が整形外科として治療するときに、 必ず最低限これはご自分でやってください! とお願いする事が何点かあります。そのうちの1つが筋トレですが、これも、これだけやって!!!というこだわり筋トレが何種類かあります。 まず、首、 …

胸郭出口症候群

慢性肩こり、寝てる時の手の痺れ… とくに女性… 胸郭出口症候群は多く見られます。私もこれ、あります。日常動作としては、つり革に捕まったり、手を挙げたままの作業、ヨガでも変な格好で手を挙げていると痺れてきたり、腕が怠くなり …

Page 62 / 79«616263»
  • facebook
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.