日々の医療に対する疑問や外来で喋りきれないことを中心に綴っています。
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 院長先生のつぶやき

院長先生のつぶやき

ももかん

昨日、長男がバスケットの試合中、相手の膝が腿に入り、いわゆるももかんをくらいました。初めての激しいももかんに、涙がちょちょぎれる弱〜い長男!見ていた私は思わず『 こらぁ💢 』と叫びたくなる… それにしても何故ももかんとい …

薬の名前

最近はジェネリック薬品もとっても多く、薬の名前がわかりずらいし、とにかく多い!整形外科で使う薬の量は限られていますが、飲み合わせなどを考えるときも、時に『薬の本』を調べたり薬局に問い合わせることもあります。 患者さん達も …

芍薬甘草湯

ツムラの漢方薬は私もよく処方しています。中でもこの芍薬甘草湯 ( 68番 )は有名な漢方です。 こむら返りに即効性があるので、ご老人だけではなく、スポーツをしている方々の中で口コミで広がっている様に感じます。以前、薬局か …

医者が病気になった時

9月は先代の院長の命日です。 毎年この時期になると色々な想いが浮かんでは沈み… 先代の院長は肺がんでしたが、整形外科医にありがち、胸が痛いのが肋骨骨折だ!と思い肋骨のレントゲンを自ら撮って、大丈夫だと自己判断したのが始ま …

手のしびれ

手のしびれには様々な要因が考えられます。しびれは不快感が強く、人を不安にさせる症状です。 どの指が痺れているのか? いつ痺れるのか? どうすると痺れるのか? 手の動きには問題ないのか? この4つの問診だけで、病名はかなり …

痛風?関節炎?腱鞘炎?

整形外科には関節の痛み、腫れ、熱、発赤などで様々な患者さんがいらっしゃいます。その場合に、たびたび診断で他科の先生方と意見が割れる事もあったりします。 特に痛風の関節炎ではそのコントロールや治療法で内科的、整形外科的で考 …

下駄骨折

足をくきっと外側に捻った時、捻挫した〜と言いませんか?軽いものは捻挫(靭帯損傷)ですが、骨折するものもあります。外くるぶしが折れてしまう場合と、足の甲の骨が折れてしまう場合があります。 足の甲の骨が折れてしまう… これは …

いき切れ

先日、うちに『息切れ』という題名の本が置いてありました。これには興味津々です!またまたオタッキーな主人はこんな本も読んでいるのかぁ! こんな仕事をしているのにも関わらず、私は息切れについて、真剣に考えたことはあまりありま …

テニス肘〜上腕骨外側上顆炎〜

俗名テニス肘、疾患名は上腕骨外側上顆炎といいます。雑巾を絞ったりドアのノブを開ける、物を持ち上げる動作などで痛みを肘の外側に感じる腱鞘炎です。 他の腱鞘炎と違うのは、腱鞘炎といっても腱が骨にくっつく所での炎症なので骨が痛 …

スポーツの現場

子供達の夏休みで、長男のバスケットボールや次男の水泳の応援に明け暮れる日々。どうしても気になるのが現場での怪我… プールは肩の痛みや股関節痛などを訴えてもまあ、ストレッチなどで改善していくし、大きな怪我よりも恐らく筋肉の …

Page 70 / 80«697071»
  • facebook
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.