日々の医療に対する疑問や外来で喋りきれないことを中心に綴っています。
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 2016年1月

月別アーカイブ: 2016年1月

ムンテラ

医師から患者さん本人やご家族に、今の病状や今後の治療法、起こりうる合併症などのお話をする事をムンテラといいます。 インフォームドコンセントという言葉はちまたでも知られるところになっています。『説明・同意』ということで、病 …

石郷岡先生

2年間お世話になった、石郷岡先生は3月いっぱいで交代になります。歳上だけど後輩の複雑な医局員です…。 膝オタク、英語大好き、貧乏暇無しな先生。バイタリティーに溢れていて喋っていると面白い! また、いつかお世話になるかも! …

ヨガログ撮影

今日は、インターネットのヨガサイト、ヨガログでの撮影でした。シニアヨガシークエンスをこちらのサイトから繰り返し見ることが可能になります!ワークショップをやっていても、なかなか一度では覚えきれない、伝えきれなかったシークエ …

現場の初期治療

以前からブログにも書いていますが、子供達のスポーツの現場の初期治療には、ばらつきがあります。小学生は特に、成長期、子供が1人で決断わ下すことも困難な年で、しかも運動能力は無限大!さらに、さらに、この年の地域のスポーツには …

脚のむくみ

女性の悩みの1つです。病気とかではなく、静脈の弁の問題やリンパの流れの滞りから、脚から心臓に戻る血や水分がうまくもどらず、浮腫むのです。 長時間の立位、運動不足、塩分の取りすぎから、腎臓・心臓・肝臓などの臓器の問題まで原 …

ロコアテープ発売記念

先週から少々凹み気味の私は、月曜日の鬼のような外来のあとはボロゾーキン… 最後にテイジンのMRさんがひょっこり現れ、ロコアテープ発売記念品を持ってきてくれた。       置いてお …

勝負パンツ

本日、おばさまとの会話… 『あたし、赤いパンツは勝負の時に履いてくの!』 『勝負っていつですかぁ?💕』 『病院行くときよ!』

アドレナリンでつなぐ

スポーツの試合中の怪我で、よく私が聞くのは、怪我したあと、プレーは続行できたかどうか。 大きな骨折や、膝の靭帯損傷があると、プレー続行は難しい。足関節でも、靭帯損傷だけだと軽いものは継続できちゃったり。 プロの選手や代表 …

葛根湯

首から肩にかけての縦の痛みに、葛根湯がよく効きます。これは、整形外科では有名です。飲んで、合うと、バチっと肩凝りが治ったりします。 葛根湯というと、通常は風邪のひき始めに飲む…というイメージですが、風邪や、全身の具合が悪 …

針刺し事故

はい、私は医師になってから、3回やってます… 患者さんに処置をした針を自分に誤って刺してしまう事。 病院には様々な感染症を持つ患者さんがいらっしゃるので、リスクがあります…自分の身は自分で守らなければいけない。 大学病院 …

Page 1 / 412»
  • facebook
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.