これは外来でよく話題になります。

骨が靭帯に引っ張られ続けたり、負担がかかり続けていると、そこにトゲが出て来ます。

骨棘というトゲ…

脊椎・かかと・手・足など関節と呼ばれるところにはできてもおかしくないのですが、これ自体が痛いわけではないと言われています。

年齢が上がればやはりできやすいのですが、バスケットやラグビーなど、長くやっていたスポーツ競技によってもできやすかったり、糖尿病の方ができやすい、などと言われています。

私はお肌のシミやシワと一緒です、とご説明したりしますが、自分のレントゲンを見てトゲがあるとショックを受ける方も少なくありません。どうしてもこのトゲのせいで痛いと感じてしまう様です。

変形の1つの所見です。

骨も日々、頑張っているのです!