昨日のフォーラムで林真理子さんの講演会がありました。林真理子さんのおかげで、昨年よりも区民の方が沢山いらして下さいました。

次回の大河ドラマの西郷隆盛のお話や、自身の介護の話をマイペースで静か〜〜に淡々と面白くお話していて、大物感満載でした。

お話の中で林真理子さんが、老いる(人生) ということは、

『自分が生きてきた経験を、つぎはぎのようにして自分の身体につけ、自分を創り上げること。そして、たくさんの人に愛される自分を創り上げ、沢山の人に愛されて死んでいくこと』

じゃなあい?とお話していました。

さすが、想いを言葉に乗せるのが本当にお上手です。 

老いるという事は、深みが増す事。

私はもうすぐ誕生日がまたきてしまい、焦っておりましたが、焦る必要は無いのですね!笑