私は小学生の6年間は人生にとって、とても大切な時期だと思いっています。

精神的にも肉体的にも、あるいみ出来上がりに近づく6年間です。

以前も書きましたが、子供は10歳までに運動を司る神経系が出来てくるので、10歳までは色々な種類の運動をして、動作獲得をしていくと良い時期。

そして10歳からの5〜6年生はそのスキルアップが凄まじい時期です。例えば、ドリプルをつくとき、ボールを自分の手のように扱えるようになる…とか。

中学に入ると、成長と運動のバランスが大切になるので、私的には一番難しい時期だなぁと、感じた時期。ある程度、運動の合間に、身体を休ませないといけないのでもどかしい…。

高校生にもなると、遂に、運動に見合ったカラダ作りをしていくことができるようになる…!

こんなふうに考えながら本を読んでいたら、栄養面からの食事も然り、親としても整形外科医としても、まだ出来ることがたくさんあるな、と思いました。