整形外科ヨガクラスは、集団でヨガをやることを大切と考えています。社会的フレイルなんて言葉もあるように、年を重ねると、社会との関わりを持たなくなっていくことが多いと言われています。

それは、痛みだったり不安だったり、あるいは出る用事がない…など、理由は様々です。

クリニックには、朝からたくさんのご老人がいらしてくださいますが、ここにも小さな社会が存在します。毎週リハビリに来る方が来なくなると、具合が悪いのか?と皆で心配したり^_^

先日、ヨガの参加者のお一人が身内を亡くされました。何回かクラスはお休みされましたが、2週間ほど前からまたきちんと来てくださっています。

クラスの仲間は皆、同じような経験をしたことのある方ばかりなので、気を落とさないように!とか、気さくに声を掛け合っておられます。

若造が言うのとは、ちょいと重みが違う感じ。

仲間がいるっていいな、と私は思うのです。