時々

整体で骨盤が歪んでるからレントゲンを撮って貰う様に言われたので、撮ってください…

的な主訴で外来にいらっしゃる患者さんがいます。

整形外科医としては、悩ましい所です。
骨盤が歪む…と言うのは、恐らく、骨盤が後ろや前に倒れ過ぎていたり、右や左に傾いている、という事だと私は理解しています。
確かに足の長さが違って見えたり、証明写真撮る時に、
真っ直ぐに座っているつもりなのに、右肩下げて〜と注意されたりして、びっくりした経験はあります。

でも、人間は身体全身で一つの個体であって、連動して動いています。

本当に骨盤が歪んでいるの?

背骨が曲がっているから、その下の骨盤が傾いでしまうのでは?

頸が痛くってかばっているから、脊椎から骨盤にかけてカーブが変わってしまうのでは?

はたまた足首が痛くって、怪我したほうの足の筋力が落ちてしまったから、骨盤の動きが変わっているのでは?

人間は重力のある世界で暮らしているので、やはり筋力は左右対称ではありません。利き手、利き足でも変わります。

背中の筋肉を左右対称にしっかりストレッチして、筋力に極端なアンバランスが起きない様にしていく事はとっても大切です。
以前も書きましたが、インナーマッスルを鍛える事は非常に身体の重心を真ん中にキープするには有用な方法です。

なかなか、限られた外来時間では、説明できていませんが、出来るだけ、骨盤の歪み?の原因を明らかにする様に努力しています!