先日新幹線の中で、『お医者さんがいましたら○○号車へ…』の呼び出しが…

私は通りがかりでの怪我の救助は何度かありますが、呼び出しは初めての経験!とはいっても、私は爆睡していたために主人が対応。私は遅ればせながら少し顔を出す始末でしたが…

まっ、こんな時、循環器医がいれば、とりあえず整形外科医の出る幕はなく、彼に任せて退散いたしました。

主人は途中の駅で救急搬送して戻ってまいりましたが、新幹線の中は音がうるさくて聴診器も役に立ちづらいねーと。血圧計も最近では聴診器をつかわずに測れるものもありますが、そんなものはもちろんなく…

新幹線の中ではできることは少ないねぇ、と話しながら帰宅。

そして本日、こんな素敵なお礼がJRさんから届きました!

なんて可愛いドクターイエロー!

どうやってうちの主人を見つけてくださったかは不明ですが、ほっこりしてしまいました。

ドクターイエロー好き世代の子供にはたまりませんね!

大阪で学会なんてあると新幹線は見渡す限り医者だらけ、なんてこともありますが、そんな時に呼び出しがかかったら…?!と想像が膨らんでしまいます^_^