冷湿布と温湿布、どちらを張った方が良いですか?

よく、聞かれます。

湿布は『貼る痛み止め』と考えてみください。『飲む痛み止め』には色々な種類があるように、湿布も薬の種類によって使い分けます。
製薬会社によっては、

『この湿布は〜枚貼ると痛み止め
一錠内服した時と同等の血中濃度
になります!』

とデーターをとってくれています。

その中に貼った時にひやっとする冷感タイプとそうでない温感タイプがあるわけです。
私は、貼って気持ちいい方を使われると良いですよ…とお勧めしています。
データー上は皮膚温は極端に上がったり下がったりはしないようです。

注意しなくてはならないのは、外傷の急性期は必ず冷却が必要ですので、湿布よりは氷嚢が必要です❗️