医療費削減の目的で、最近は薬も後発品=ジェネリックを出されることも多くなっています。
日本では薬代にかかる費用の1〜7割は保険でカバーされています。
少子高齢化の我が国では、この費用は大きな国の負担になっているので、
薬局はとにかくジェネリックで薬を出すように国から指導されています。
そのため、薬剤師さん達は一生懸命ジェネリック医薬品の勉強をして薬を選別しています。

ジェネリック医薬品とは…

研究開発された薬は
研究するのにかかった費用や薬を作るのに失敗した費用などなど
が含まれて値段が決まってきます。
その苦労の末出来上がった薬のレシピで作ったお薬は、この研究費などが含まれていませんので、値段を安くできます。
これがジェネリック医薬品です。

三分の一くらいの費用になったりするので、たくさんのお薬を飲む方には助かりますよね。
ただ、全く同じレシピで全く同じように作られた薬もあれば、
つなぎ(小麦粉と片栗粉のように)が違うものもあるので、内服した感じが違う…
と感じることもあります。

今は、医師が出した処方箋の薬は、薬剤師さんが沢山ある先発品やジェネリックの中から見あったものを患者さんに渡してくれます。

そのため私なんかは、自分が出した薬でも、自分が思っている薬の名前と違うものが患者さんに渡っていたりして混乱してしまうこともしばしば…
例えば、ロキソニンという薬は、ロキソプロフェン、ケンタン、ロキソマリンなどなどその数、数十種類…

医師が特に処方を変えなくても、処方箋を持参した薬局で同じ内容の違う名前の薬に変えられることもあります。
そのため、
『先生!この前、薬変えたでしょ』
とお叱りを受けることもしばしば…
大切なのは、内服するご本人にきちんと説明して理解したうえで
内服していただくこと。

便利なお薬手帳には先発品の名前もきっちり記載されています!

お薬は自分の身体に入るものです。
本当に必要なものだけにとどめたいものです。

厚生労働省