最近は大学のスポーツ医学教室に所属させていただいていることもあり、スポーツ医学についての興味がつきません。

ジュニアアスリートの食べ方⓷ で書いたグリコーゲン(肝臓・筋)ですが、これは運動時の主なエネルギー源の一つです。

スポーツ後のリカバリーには

消費した肝臓・筋グリコーゲンの回復

水分・電解質の回復

筋タンパクの再合成

免疫の回復

が必要ですので、その一つがグリコーゲン回復=糖質摂取です。糖質の中でもグルコースやショ糖が筋グリコーゲンの回復が早いという報告があります。そして、より運動後速やかにとったほうが、筋グリコーゲンの回復が早いのです。

しかも運動後にグリコーゲンが減少しエネルギーが不足した状態では、タンパク質がエネルギー源として利用されてしまい、筋タンパク質の合成にタンパク質が足りなくなります。

と、いうことで、やはりハードボイルドゆで卵おにぎりでしょうか?!笑