これ、クリニックに昔から飾ってある絵画。
患者さんが書いて飾ってくださった絵画。
モデルたちは私が小さい時から買っていた犬たちです。
右のシェルティは、私のお誕生日に祖父からのプレゼント。
真ん中は頭のよかった次男くん。
左の白い子は、父がポケットに忍ばせて診療していたという知る人ぞ知るマルチーズ。
そっくりなんです。
左のマルチーズは、父が他界した時に唯一いた子で、父の遺体とずっと一緒に寝ていた子。
いまだに飾ってあるのです。なんとアットホームなクリニック…
父の命日にそんなことを思い出して仕事に励みました。